2022年 5月 23日 (月)

「泣きながら謝っていた」観光船船長 去年の座礁時、乗客がモーニングショーに語った当時の様子

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   「北海道の知床半島の沖合で、乗客と乗員合わせて26人が乗った観光船が消息を絶った事故です。きのうの夜遅くに新たに子ども1人が発見され、これまでの捜索で見つかったのは合わせて11人となっています」と司会の羽鳥慎一。25日(2022年4月)の「モーニングショー」は、23日に起きた観光船「KAZUⅠ」の遭難事故についての新情報を伝えた。

   羽鳥「船長は、去年の6月にも同じ観光船で座礁事故を起こして書類送検をされていました。その時の乗客が取材に答えて『船長は泣きながら謝っていた』と当時の様子を語っています」

  • 「KAZU I」知床遊覧船のウェブサイトより
    「KAZU I」知床遊覧船のウェブサイトより
  • 「KAZU I」知床遊覧船のウェブサイトより

「ブラック企業で右往左往です」船長がFBに投稿情報

   番組の電話取材に応じたこの乗客男性(26)は「いきなり船の底のほうに岩がこすって、突き上げのような感じで『ドン!』って大きな音がした」「車の天井にまぁまぁな力で野球ボールを打ち付けた響くくらいの音だった」「『船が座礁してしまいまして申し訳ございません』みたいなことを泣きながらおっしゃっていました。だいぶ泣きながら、腰が低く声も小さい感じだったので、ベテランという感じには思えなかった」などと話した。

   さらに、今回の事故直前の船について別の運航会社の男性は「自分が見た感じだと、船の前側の方が割れていた。そのまま(海に)降ろしているから。そこに大きく亀裂が入って水が入った可能性もある」。また、当時は強風と高波で危険な状況だったといい、「『(出港は)やめたほうがいいぞ』と伝えた。(船長は)『はい』とは言ったけどそのまま...」と話した。

   船長が忠告を無視し、出港を強行した理由とはなんなのか。

   海上保安庁の関係者によると事故を起こした「KAZUⅠ」の運航会社はここ2~3年で度々従業員が変わり、頻繁に事故が起きるようになったというが...。

   船長は今年3月、フェイスブックに「ブラック企業で右往左往です」と投稿していたということだ。また、地元の観光関係者は「離職が相次ぎ、船長は1人で2隻を任され、かなり参っていたようだ」と話しているという。

   羽鳥「出港という判断が無理だったのではないかという点と、船長の勤務状況、会社の運営状況もあると思います」

   山口真由(信州大学特任教授)「船長の技術の問題、そもそもの運航会社の安全基準の問題など幾重にも人為的な原因が積み重なっていたというのが刑事的に特定される過失だと思う。それと同時に、行政的な責任も明らかにすべき。安全基準を満たさない会社は指導していかなきゃいけないという国交省の管理監督責任は必ずあるはずです」

(ピノコ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中