2022年 8月 18日 (木)

韓国の新大統領夫人は「バリバリのキャリアウーマン」 それでも「内助に徹する」理由 (モーニングショー)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「韓国では尹錫悦(ユン・ソンニョル)氏が新たな大統領に就任しました。就任時の支持率が41%という異例の低さでの厳しい船出になりました」と板倉朋希アナ。さらに「新大統領の就任式が行われ、出席した大統領夫人も話題になっています」と続けた。

   11日(2022年5月)の「モーニングショー」がスポットを当てた大統領夫人・金建希(キム・ゴンヒ)。就任式で尹大統領の少し後ろを歩く夫人の服装は、「新しい出発」を意味する白で統一。そのドレスの腰にあしらわれた大きなリボンは民族衣装のチョゴリを連想させるものだという。

  • 韓国・新大統領夫人の金建希氏(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    韓国・新大統領夫人の金建希氏(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • 韓国・新大統領夫人の金建希氏(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

「完売の女」とも

   今、夫人のファッションは韓国で注目されていて、3日に寺を訪問時に着用していた5000円相当のスカートにはオンラインショップで注文が殺到。ネット上では「完売の女」とコメントも書き込まれたそうだ。

   その注目の一方、世論調査では金建希夫人の今後の活動について「静かに内助に集中すべき」が66.4%で、「積極的な役割を果たすべき」は24.2%にとどまったという。

   朝鮮半島問題に詳しい龍谷大学の李相哲教授は夫人についてこう話す。

「彼女は大ビジネスマンなんです。大きな会社を経営している。その会社をどうするかが問題になっていましたが、今朝までのニュースを総合するとビジネスは当面やめるそうです。本当は続けて収益を社会に還元する方法を考えていたらしいのですが、かなり難しいということで。大統領の夫の雑音にならないようやめると。内助に徹するものと思われます」

   浜田敬子(ジャーナリスト)「それだけのキャリアがある女性が内助を求められるというのは残念。それは日本も韓国も同じなのですが。ビジネスで成功した女性がファーストレディになった新しい時代だということで、それを打ち出すのが新しい韓国を象徴することにもなったのに、国民は内助を求めてしまう」

   李教授「おっしゃる通りで、かなりグローバルなバリバリのキャリアウーマンなんです。それをやめなければならないというのは残念ですが、彼女が外に出て何かすると必ず尹大統領にも影響がある。色んなことを書かれるので」

(ピノコ)

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中