2023年 9月 23日 (土)

正反対の2人が8週間かけて心を通わせるロードムービー「グリーンブック」を見て

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   面白い映画を見たくて、Netflixで探していたら、以前から気になっていた「グリーンブック」を発見しました。

   この作品は、2018年に公開されたアメリカの伝記ヒューマン映画です。2019年のアカデミー賞で作品賞、助演男優賞、脚本賞を取りました。

   実話に基づいたフィクションで、舞台は1962年のアメリカ。「グリーンブック」というのは、黒人が平等で自由な旅をできることを願って、安全に利用できる宿泊施設やレストラン、ガソリンスタンドなどをリストにして紹介したガイドブックです。

   トニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、ナイトクラブ「コパカバーナ」の用心棒で、デタラメな性格。「コパカバーナ」が改装工事のため閉鎖され、仕事を探していました。

   ドクター・ドナルド(マハーシャラ・アリ)は、カーネギーホールに住む黒人の天才ピアニスト。彼は人種差別が色濃く残るアメリカ南部を8週間かけて回るコンサートツアーの付き人兼運転手を探していました。ドナルド(マハーシャラ・アリ)は、トニー(ヴィゴ・モーテンセン)の肉体的強さと物怖じしない性格を見込んで、彼を雇います。

  • 映画「グリーンブック」のDVD(ギャガ)より
    映画「グリーンブック」のDVD(ギャガ)より
  • 映画「グリーンブック」のDVD(ギャガ)より

旅が終わっても、もっと一緒にいたかった2人

   この作品は、2人の旅を描くロードムービーです。性格も行動も正反対な2人は、旅を続ける中で次第に心を通わせていきます。トニーは妻のドロレス・ヴァレロンガ(リンダ・カーデリーニ)に手紙を書くのですが、ドナルドに「子供の手紙だ」と言われ、手紙の書き方を教えてもらうことも。また、黒人差別に怒ったドナルドが暴力をふるい、警察につかまり、トニーのおかげで釈放される場面も。ドナルドの苦悩にトニーはさりげなく「人生、いろいろなことがある」と励まします。

   彼らはクリスマスイブまでに家に帰ろうと、家路を急ぎますが、トニーを眠気が襲い、ドナルドが代わりに運転してニューヨークへたどりつきます。

   目覚めたら、家の前に着いていたトニーは、家に寄るようにドナルドを誘いますが、彼は「メリークリスマス」と言って去って行きます。

   トニーの家では、親戚も集まってクリスマスパーティの真最中。しかし、彼はドナルドに会いたかったのです。そこに玄関のベルが鳴り、ドナルドかと思ったトニーが玄関に急ぐと、知人の老夫婦でした。彼らを招き入れてドアを閉めようとした時、ドナルドがシャンパンを手に、微笑んでいました。パーティの参加者は、トニーの口から一緒に南部を旅した、天才ピアニストであることを聞き、大歓迎。妻のドロレス(リンダ・カーデリーニ)は、ドナルドに抱きつき、「手紙を書いていたのは、貴方でしょう」と言います。

   トニーとドナルドの間には、友情が生まれ、その友情は死ぬまで変わりませんでした。

   「映画って本当にいいな」と思える作品です。

渡辺弘(わたなべ ひろし)
渡辺 弘(わたなべ ひろし)
1952年生まれ。東京大経済学部卒業。1976年に日本テレビに入社し、制作局CP、ドラマ制作部長として番組づくりの現場で活躍。編成局長、制作局長、取締役報道局長、常務・専務を歴任した。「マジカル頭脳パワー!!」「THE夜もヒッパレ」「「スーパーJOCKEY」「24時間テレビ」などヒット番組をプロデュースした。 現在は「情報経営イノベーション専門職大学」客員教授。映像会社「2501」顧問。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中