2024年 2月 26日 (月)

優勝・仙台育英の監督が「コロナ禍下の青春」にメッセージ 下川美奈「胸熱になっちゃいますね

   きのう22日(2022年8月)に決勝が行われた第104回全国高等学校野球選手権大会。仙台育英(宮城)が下関国際(山口)を8-1で下し、悲願の東北勢初優勝を果たしたが、今日23日の「スッキリ」は決勝を戦った両校の監督に注目、その素顔に迫った。

  • 夏の甲子園大会が幕を閉じた
    夏の甲子園大会が幕を閉じた
  • 夏の甲子園大会が幕を閉じた

高校時代は野球部の記録係

   準優勝の下関国際を率いたのは坂原秀尚監督(45)。大阪桐蔭や近江などの強豪校を次々と破り、初優勝まであと一歩のところまで迫った下関国際だが、以前は練習環境も劣悪な弱小チームだった。坂原監督が就任したのは17年前の2005年だが、当時校長だった武田種雄理事長は「(坂原監督から)『給料もいらないから教えさせてくれ』と手紙が来た」と当時を振り返る。この頃、下関国際のグラウンドは雑草だらけで部員数も少なかったという。

   坂原監督は広島県の高校・大学出身で、社会人野球でも活躍していた。その後高校野球の監督を志望し、教員免許取得のために下関市内の大学に通っていたが、下関国際の野球部に監督がいないことを知り、校長へと猛アピール、監督に就任した。

   県大会で1勝するまで3年がかかったが、坂原監督は「強豪校に育てる」という信念の下、17年に甲子園初出場、18年にはベスト8に進出。そして今年は決勝までコマを進めた。監督の下で甲子園に出場した元主将の濱松晴天さんは「誰一人欠かせない、辞めさせないっていうのが監督の信念。くじけそうになった選手がいても『お前がいなきゃ甲子園行っても意味がない』と言っているのを覚えています」と監督の熱血ぶりを語る。

   一方、優勝した仙台育英を率いた須江航監督だが、高校時代は野球部の記録係。紅白戦にも出たことがなく、バッティング練習もしたことのない「圧倒的補欠」だったという。しかし、選手時代に実績がなかったというのをプラスに徹底的なデータ野球を行っていることが、仙台育英の強みになっているとスポーツライターは分析する。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中