2024年 2月 21日 (水)

「ちびまる子ちゃん」お姉ちゃんのヒデキ愛に「分かる」の声 「推し」活の人から共感相次ぐ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   12月4日(2022年)の「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ系)で「お姉ちゃん、ヒデキ断ちをするの巻」というストーリーが放送され、まる子(TARAKOさん)の姉、さきこ(豊嶋真千子さん)にツイッターなどで共感の声が相次いだ。(ネタバレあり)

   さきこは西城秀樹さんの大ファンで、夢に「ヒデキ」が出るたびに「ヒデキーッ!」と絶叫して起き、隣で寝るまる子はおちおち寝られないという日々が続いていた。

  • フジテレビサイトの「ちびまる子ちゃん」番組ページより
    フジテレビサイトの「ちびまる子ちゃん」番組ページより
  • フジテレビサイトの「ちびまる子ちゃん」番組ページより

「ヒデキに会えたことを力に変えていけばいいんだ」

   夢で頭がいっぱいのさきこは忘れ物をするようになり、授業中にはヒデキとの妄想で授業中に「ヒデキ~っ!」と声を上げてしまうなど、日常生活がままならなくなる。その日の夜、さきこは食卓で「私、ヒデキ断ちをする」「しばらくヒデキから離れる」と宣言した。

   しかし翌日まる子と寄った本屋でヒデキが表紙の雑誌を見つけ、「ヒデキが表紙...1冊、ううん、2冊は欲しい。1冊は保存用に、2冊目は切り抜き用に...」と考えてしまう。

   さきこは雑誌を買うのは我慢して帰宅したが、まる子の「ヒデじい」という言葉にもヒデキ、テレビの「秀吉」という言葉にもヒデキ、「ローラースケート」と言う言葉にも「ローラ」の曲を連想し、ヒデキの妄想を始めてしまう。

   先生に言われた提出物を忘れてしまったさきこは、「ヒデキに浮かれてやることをやらないなんて、ヒデキに会う資格がないわ!」「ダメなのよこんなんじゃ!周りにも迷惑かけて」と、ヒデキ断ちへの決意を新たにする。

   しかし歌番組に出演していたヒデキの、

「いつも応援ありがとう。君たちの力が僕の力になっています。くじけそうな時、僕を支えてくれるのはファンの皆さん、君たちです。ファンのみんなの声が僕の力になってるんです」
「僕はちゃんと君たちの力になっていますか?」

との言葉を聞き、

「そっか、私もヒデキに会えたことを力に変えていけばいいんだ。ただ夢中になってるだけじゃなくて、ただキャーキャー騒いでるだけじゃなくて」

と気が付き、ヒデキ断ちはあっけなく終了。

「やっぱり私の救世主はヒデキよー!L・O・V・E!ヒデキ!一生ついていくわー!」

とハイテンションでテレビにかじりつくのだった。

   ツイッターなどでは

「今日のちびまる子ちゃん神回かよwヒデキのことが好きすぎて生活に支障出るお姉ちゃん...全オタクが共感してるぞ...」
「お姉ちゃんヒデキ断ちとか偉すぎる...分かる...分かるよ...推しの事考えるとどうしてもそうなるよね...」
「推しがいると頭の中が全て推しになるし、私生活に影響出てさ それが辛すぎて断つんだよね お姉ちゃんの気持ちわかりすぎる」

と、「推し」がいる人々から、さきこへの共感の声が上がっていた。

(TT)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中