2024年 3月 1日 (金)

マスク氏「辞任すべき」過半数でどうなる? 羽鳥慎一「翻弄じゃないですけど、なんなんだろう」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「ツイッターを買収したイーロン・マスク氏がきのう19日(2022年12月)、自らの進退をユーザーに問うアンケートを行いました。結果、『辞任すべき』が57.5%となりました」と司会の羽鳥慎一が切り出した。

   マスク氏は先週、自身に批判的な記者らのアカウントを突然停止して批判を受けた際、アカウントを復活すべきかアンケートを実施。「すぐに凍結を解除すべき」が多数となったことから、17日に条件付きで復活させたばかりだった。

  • 「モーニングショー」公式ツイッターより
    「モーニングショー」公式ツイッターより
  • 「モーニングショー」公式ツイッターより

「大株主である立場は変わらない」ワシントンポスト紙

   そして今度は自身の進退についてのアンケート。ツイッターユーザーからは「もう、何が何だか分からないよ」、「自分が買収した会社についてツイッターの投票で意思決定するというのが信じられない」と困惑の声も上がっているという。

   マスク氏はアンケートについて「願うものには気を付けろ。叶うかもしれないからね」と、良く考えて投票するよう促す投稿もしていたが、結果は「辞任すべき」が57.5%(投票数は約1750万票)で過半数に。投票結果に従うと公言しているマスク氏だが、いまだ本人からのコメントはないという。

   20日の「モーニングショー」では、マスク氏の意図と今後の動きが話題に。森山みなみアナは「辞任したとしても、『ツイッター社の大株主である立場は変わらないため、大きな影響力を維持する』と伝えられています」とワシントン・ポスト紙の記事を紹介した。

   菊間千乃(弁護士)「マスク氏は『民の声は神の声』と言っていて、そこ(投票結果)に従うということを今までもしてきたので、今回もおそらくCEOを辞任するのではないか。ただ、本人が買収した大株主の会社だとしても、そこをとりまく色んなステークホルダーがいる中で、どんな意図があるのだろうと...。気分だけだとすると、失望する方もいると思う」

   堤伸輔(国際情報誌フォーサイト元編集長)「本人は最新のツイートで『問題は長くCEOを務められる人物を探せるかどうかだ』みたいなことを投稿している。それを見ると、一応CEOは辞任するんでしょうけれど、自分の意をくんでやってくれる人間を探し出すことに関心が移っているんだと思います。コントロールできればいいということなんじゃないでしょうか」

   羽鳥「でも、ツイッター社はどうなるのかっていう。翻弄じゃないですけど、なんなんだろうと」

(ピノコ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中