2024年 2月 24日 (土)

スマホめぐりトラブル?」報道めぐり論議 13歳娘が母刺したとして保護(モーニングショー)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「静岡県の牧之原市で13歳の娘が40代の母親を刃物のような物で刺したとして保護されました。母親はその後、死亡しています。親子の間に一体何があったのでしょうか」と、18日(2023年1月)の「モーニングショー」で、司会の羽鳥慎一が切り出した。

   画面は、母親が搬送されたという牧之原市内の病院前に。静岡朝日テレビの林輝彦アナウンサーが「搬送された際、首など複数箇所から出血していて、こちらの病院で死亡が確認されました」とリポートした。

  • テレビ朝日の「モーニングショー」番組サイトより
    テレビ朝日の「モーニングショー」番組サイトより
  • テレビ朝日の「モーニングショー」番組サイトより

羽鳥慎一「これはきっかけの1つなのか、ほかにも...」

   番組によると、事件が起きたのは16日夜。午後11時50分ごろ、市内の住宅から「家族が刺された」という内容の110番通報があったそうだ。警察は住宅内にいた中学1年生の娘が事件に関与したとみて保護したという。

   森山みなみアナは、「今朝の朝日新聞によると、近所に住む女性は『ごく普通の家庭に見えた。トラブルは聞いたことがなく、びっくりしている』と話したといいます。こちらは今朝の毎日新聞です。捜査関係者によると、娘は母親、祖父母、親族の5人暮らしで、母親とスマートフォンをめぐりトラブルになっていたという趣旨の説明をしているといい、自宅からは凶器と思われる血の付いた包丁がみつかったということです」と情報を整理した。

   羽鳥「可能性としてスマホをめぐるトラブルが親子の間であったのではないかという風にも伝えられています」

   浜田敬子(ジャーナリスト)「私自身も10代の時には親に反発したい気持ちはありましたし、うちの娘とも話をしない時期があったり、すごくする時期もあったり。気持ちがすごく揺れているんだなというのは感じる。だけど、親に殺意を抱くほどの何かって本当に何なんだろうって...。『スマホをめぐるトラブル』というのが事実だとして、子どもにとってスマホを取られるということが、それほどの大きなものなんだ、と。親が感じるものと子どもから見えるものがかなり違うということを改めて感じました」

   羽鳥「家庭内のことですから、全てのことは分かりませんが、近所の人から見ると大きな日常的なトラブルはなかった、と。これ(スマホ)はきっかけの1つなのか、ほかにも色々要因があったのかは分かりません」

   安部敏樹(社会起業家)「親子間のもめ事って外から見て分かるものでもない。あまり社会とか地域の側が勝手に憶測を広げて糾弾するなり批判するなりはしない方がいい。心が痛みますね」

(ピノコ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中