2024年 4月 14日 (日)

キャスティングと演出の良さが光った「笑って年越し!世代対決 昭和芸人VS平成・令和芸人」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   昨年大晦日の午後5時から0時30分に、日本テレビ系で放送された「笑って年越し!世代対決 昭和芸人VS平成・令和芸人」を見ました。

   この番組の企画・総合演出は、日本テレビ執行役員の高橋利之君です。私は、裏の「紅白歌合戦」と、いずれも生で交互に見ていました。

   「笑って年越し!」は、時代を駆け抜けた[昭和芸人]と、新時代を切り拓く[令和芸人]が、世代のプライドをかけて、一夜限りのネタバトルを繰り広げたものです。

   スタジオ展開は、対面する2つのステージに両者が登場し、お客はその度に向きを変えていました。

  • 日本テレビの「笑って年越し!世代対決 昭和芸人VS平成・令和芸人」番組サイトより
    日本テレビの「笑って年越し!世代対決 昭和芸人VS平成・令和芸人」番組サイトより
  • 日本テレビの「笑って年越し!世代対決 昭和芸人VS平成・令和芸人」番組サイトより

大トリは爆笑問題VSウエストランド

   なかでも、注目を集めたのが「M-1グランプリ」最年長王者・錦鯉と、最年少王者・霜降り明星の対決です。これはどちらも譲らない対決でした。錦鯉の長年の経験を経た芸と、霜降り明星の鋭さが、いい勝負になっていたと思います。

   次に注目されたのは、コントでかまいたちと、女優の木村多江が出演したことです。これに対したのは、フットボールアワーです。これも、面白かったです。木村多江がこんなにコントが好きだとは思いませんでした。

   大トリは爆笑問題とウエストランドです。爆笑問題の太田の漫才が、あんなに面白いとは思いませんでした。ウエストランドも善戦していましたが、爆笑問題の迫力にはおよびませんでした。

   番組は、最終的に勝負を審査員の判定で総合結果として、「昭和芸人」の勝利に終わりました。

   キャスティングの良さと、演出の切れ味の良さが光る番組でした。

渡辺弘(わたなべ ひろし)
渡辺 弘(わたなべ ひろし)
1952年生まれ。東京大経済学部卒業。1976年に日本テレビに入社し、制作局CP、ドラマ制作部長として番組づくりの現場で活躍。編成局長、制作局長、取締役報道局長、常務・専務を歴任した。「マジカル頭脳パワー!!」「THE夜もヒッパレ」「「スーパーJOCKEY」「24時間テレビ」などヒット番組をプロデュースした。 現在は「情報経営イノベーション専門職大学」客員教授。映像会社「2501」顧問。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中