2024年 2月 25日 (日)

「今回のJR西の対応はひどすぎた」(梅原淳氏) 寒波と立ち往生と過去の教訓

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   昨日25日(2023年1月)は最強寒波の影響で日本列島の至る所で交通網がマヒした。新名神高速道路では34キロにわたり立ち往生が発生し、多くのトラックや乗用車のドライバーが15時間もの間、車内にとどめられた。

  • 寒波の影響が各所に(写真はイメージ)
    寒波の影響が各所に(写真はイメージ)
  • 寒波の影響が各所に(写真はイメージ)

「最大で10時間閉じ込め」も

   大雪による立ち往生は道路だけではなかった。司会の羽鳥慎一は「高速道路だけではなく、鉄道でも立ち往生が発生してしまいました」と伝えた。

   立ち往生が発生したのはJR西日本、京都・山科駅と大阪・高槻駅の間の30キロ。一昨日24日、大雪のため複数の線路ポイントが故障して、午後8時以降に京都線と琵琶湖線の上下線計15本の電車が駅間で停車。15本の電車には計7000人の乗客が乗っていたが、16人が体調不良を訴えて救急搬送された。これらのうち、山科駅近くで立ち往生した電車の乗客は、最大で10時間閉じ込められ、降車したのは朝の5時半だった。

   リモート出演した鉄道ジャーナリストの梅原淳氏は「今回のJR西の対応はひどすぎた。今まで雪による立ち往生は何度も起きていて、そのたびに国から対策を求められてきているはずなのに、それが生かされていない。京都での大雪は珍しいが、大津や山陰地域は雪が降る地域。それなのにまるで雪を初めて見た人のような対応だった」と批判。

   防災危機管理アドバイザーの山村武彦氏は「立ち往生の原因はポイント故障でした。雪国であればポイントにヒーターを付けて対策しているが、今回はそれが想定されていなかった。予報は8センチの積雪だったが15センチの積雪になった。10センチ以上なら融雪装置を使う規則があったが、予報を聞いて設置しなかった。たとえ6センチの予報でも、16センチ積もる可能性もあることを認識する必要があった」と指摘。

   羽鳥が山科駅付近で立ち往生した特急サンダーバードに乗車していた女子高生の話を紹介した。女子高生によると、7時40分に電車が止まり、救助が始まったのは11時20分。ホームまで20人ほどが歩いたというが、降車の前のアナウンスが「自己責任で降りてください」というもので、女子高生は「脅されているみたいだった」と話していたという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中