2024年 2月 24日 (土)

腰の痛みと「脳」の関係 玉川徹が医師に取材して分かったこと

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   司会の羽鳥慎一が「寒い日が続いていますが、寒さが厳しくなると腰の痛みということになります」と切り出してパネルを示す。「冬に腰痛を悪化させないためには、どうしたらいいのか。最近の研究でストレスや座りすぎが腰痛の原因になることがわかってきました」と伝えた。27日(2023年1月)の「モーニングショー」。

  • 腰が痛いと思ったら…
    腰が痛いと思ったら…
  • 腰が痛いと思ったら…

冬に多くなる傾向と運動不足

   厚生労働省の報告書によると腰痛のある人は全国で約2800万人とされ、4人に1人が腰痛持ちと言われている。体の悩みで、腰痛は男性の1位、女性の2位となっている。

   東京大学医学部附属病院の松平浩特任教授は「日本人の約8割以上が一生に一度は腰痛になると言われています。特に冬場に多くなるのは自律神経の関係が大きいが、外に出なくなることも要因。運動不足です」と解説した。

   バイオリニストの廣津留すみれも腰痛に悩んでいる。「移動の長いフライトのとき痛くなる。ヒールでバイオリンを弾くときも痛くなる。きっかけは大学時代、豪雪のボストンで尻もちをついて、尾?骨周りを痛めて以来です」と話す。

   松平さんは「フライトで気圧が変化すると交感神経が興奮して痛みが出やすい。またバイオリンを弾く姿勢は少し反り気味になり、背面に負担がかかる」と解説。

   スポーツキャスターの長嶋一茂は「僕の人生は腰痛との闘い。中学で腰椎を圧迫骨折し、ヘルニアに。高校では、かがんで顔を洗えなかったが、ある時からピタッと止まっていた。でもこの6~7年はずっとひどい」。

   テレビ朝日の玉川徹は「今はないが、昔はヘルニアをやった。自衛隊の取材で富士駐屯地の塹壕に隠れていたんだけど、飛び出した瞬間動けなくなって、担架で運ばれたことがある。僕は兵士に向かないことがよくわかりました」と明かす。

   進行が押しているため、羽鳥は話題を先に進めて「座りすぎも腰痛の原因です」として、日本人は1日平均で420分座っていて、これは世界一長いという調査を紹介。立っている時の腰の負担を「1」とすると、座っている時は「1.4」、前かがみに座ると「1.85」になるという。さらに座りすぎと寿命にも関係があり、1日4時間未満しか座らない人と、11時間以上座る人を比べると、11時間以上の人の死亡リスクは40%高まるという研究もある。

   松平さんは「体を動かすと、筋肉からいいホルモンが出る。座りすぎないということが健康対策の1つのトレンドになっています」と言う。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中