2024年 2月 24日 (土)

小林聡美を「おばあちゃん」呼び!? 「年齢不詳イメージ」なのに...「アサヒ 十六茶」新CM

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新垣結衣がCMキャラクターを務めるアサヒ飲料「十六茶」の新CMに耳を疑った。新垣結衣が小林聡美を「おばあちゃん」呼ばわりしていたのである。小林聡美を「おばあちゃん」と呼ぶには違和感がある。「おばあちゃん」と聞こえたような気がするけれど、聞き間違いか、と、アサヒ飲料公式サイトのCMギャラリーで確認したところ、たしかに「おばあちゃん」と言っていた。

   新垣結衣34才と小林聡美57才。年の差23で母娘ならわかるが、おばあちゃんは無理過ぎる。実際には、ガッキーのおばあちゃんというわけではなく、もうひとり、2人の間に少年がいて、小林は彼のおばあちゃんという設定。

  • テレビで見てびっくり(写真はイメージ)
    テレビで見てびっくり(写真はイメージ)
  • テレビで見てびっくり(写真はイメージ)

孫ならまだしも...

   少年を演じているのは斎藤汰鷹(さいとう・たいよう)くん。現在、13才。年齢的には孫とおばあちゃんでもおかしくはない。世間には50代でおばあちゃんになっている人も多くいるだろう。が、そもそも小林自体、年齢不詳のようなところがあり、「おばあちゃん」呼ばわりには違和感しかない。

   そもそも、昨今、自分の孫にさえも「おばあちゃん」「おじいちゃん」と呼ばれるのが嫌で、「ばあば」や「じいじ」、あるいは「まーちゃん」「ゆーちゃん」などと名前を呼ばせている人が多いご時世、赤の他人が「おばあちゃん」するのはいかがなものか。実際、知り合いの80代女性が、店員に「おばあちゃん」呼ばわりされて、叱りつけてやった、と言っていたこともある。それほどデリケートな問題なのだ。

   小林を「おばあちゃん」呼ばわりすることに違和感をもった人は私だけではないようで、ツイッターなどでも違和感を表明する人がかなり見受けられる。

   小林は30年前、「十六茶」が新発売されたときの初代CMキャラクターで、今回のCMは新旧キャラクターの共演で話題性を狙ったのだろうが......。

(子守熊)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中