2024年 4月 20日 (土)

栗山監督の「マネ」する上司続出の予感? 加藤浩次「近くに寄ってきますよ」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   WBCで侍ジャパンを世界1へと導いた栗山英樹監督は、どうやって若い選手たちを束ねたのか。28日(2023年3月)の「スッキリ」は、27日に日本記者クラブで行われた会見を振り返った。

   「世の中の管理職が若者と向き合った際にハートをつかむコツは?」との質問に、栗山監督は少し照れた様子ではにかんだ後、こう話した。

  • WBCの余熱なお(写真はイメージ)
    WBCの余熱なお(写真はイメージ)
  • WBCの余熱なお(写真はイメージ)

「真正面に近づいて真正面から話すことを...」

「今の若者だからというやり方はあまりしていない。僕は真正面に近づいて真正面から話すことをやっちゃうんですけど。選手からすると面倒くさいと思うんですけど。正面から選手に自分がぶつかるという感覚で話をする。その作業だけは自分でしないといけない」

   そして、「いつも若い選手に言っているのは、『できるかできないか』と思った瞬間にアウトなので、決めるのは『できるからやる』のではなくて『やるって決めたらやる』。『やるかやらないか』と『できるかできない』の違いはすごくある」とも語った。

   帰国後、準決勝前まで打撃不振に苦しんでいた村上宗隆選手に送った言葉は「宿題を持ったまま終われよ」。「もっともっと、今回出たメジャーリーガー全てを超えていくために、1番になるために、宿題があった方が人間前に進めるから」という意味だという。

   司会の加藤浩次「真正面からぶつかる作業ができれば、時間がかかっても思いが伝わるんだっていう...。きょうから上司が近くに寄ってきますよ、みなさん。『大丈夫か?』って。昨日より近くなったなっていう上司が増えそう」

   下川美奈(日本テレビ報道局社会部長)「どんどんげっそりされていったのを見て、相当なプレッシャーがあったのだと思う。でも指揮官として、不安感を出さないようにしていたと言っていた。そういうたたずまい、意識の高さも上司として必要なんだろうな。そういう栗山さんを支えるために、大谷選手や吉田選手も村上選手が不調の時に監督に代わって教えたりとか。周りの選手たちも一緒になって寄り添うっていうチームワークを醸成したことが素晴らしい」

   ヒロミ(タレント)「『こういう上司がいたらな』とか思うでしょうけど、なかなか難しいですから、自分がそういう部下になるっていうのも1つかな。栗山さんもよく(侍ジャパンは)すごいメンバーだって言ってた。それを交通整理するのが自分の仕事だって言ってたけど、上司は変わらないから、自分が変わって自分がすごい良い部下になる」

(ピノコ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中