2024年 5月 22日 (水)

暑い日一転、「気温が急降下」 谷原章介「暑かったり寒かったり激しい」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「めざまし8」司会の谷原章介が「昨日5月18日(2023年)、東京ではこの時期としては初めてとなる2日連続の真夏日となりました。各地の『行列』、取材してきました」と切り出した。

   気温33度の中、台東区では炎天下に30人が並ぶ行列ができていた。彼らのお目当ては人気かき氷店のひみつ堂。30分並んでいるという行列客は「イチゴ三昧かき氷。涼みたい!」と話す。この店の一番人気は糖度15度以上の生メロンを使用した「生メロン三昧」だという。

  • 雨のあと…(写真はイメージ)
    雨のあと…(写真はイメージ)
  • 雨のあと…(写真はイメージ)

「これは梅雨の雨じゃないですね」

   渋谷区青山通りでも30メートル近い行列ができていた。行列の先にあるのは人気ドーナツ店の「I'm donut?」。上野松坂屋店内にも人が殺到していた。こちらでは予想最高気温によって割引率が変わる『気温連動セール』が実施されていた。真夏日を記録した18日は10%割引となる。夜になっても熱さは残っていたが、新橋の飲み屋街には多くの人。戸外に設置されたテーブルで仕事帰りの一杯を楽しんでいた。

   昨日18日は全国282地点で真夏日を観測。福島県伊達市で36.2度、福島市で35.4度を記録。一方沖縄は梅雨入りで、18日は川が増水し、道路が冠水するほどの大雨となった。

   谷原が沖縄の雨について「これは梅雨の雨じゃないですね」と言うと、気象予報士の天達武史は「インド洋で発生したサイクロンの空気が入ってきている。今日19日はこの空気が日本列島に雨を降らせます。今(午前9時ごろ)西日本では雨で、これが今日中に東に移動してくるので、今日は西でも東でも雨になります」と解説。

   天達気象予報士は「注意が必要なのは気温の変化です。雨が降った後、気温が急降下してきます。今はまだ東京の仙台も蒸し暑いくらいですが、雨が降り出して本降りになると10度台に下がってきます。夜は1枚、羽織ものがあってもいいくらいです。名古屋ではすでに昨日より10度以上下がっています」と伝えた。

   谷原が「暑かったり寒かったり激しいですけど、体調管理はどうしてますか?」と問うと、岸本理沙アナは「私は冷え性なので、ついこの間まで寒さ対策が必要と思っていたら、昨日は真夏日で暑くなってしまった。もう気持ちの問題かなと思って、寒いと思ったら『暑い』と言って、暑いと思ったら『寒い』と言うようにしています」とコメント。

   これに谷原が笑いながら「意外と根性論なんだね」と言うと、岸本アナはニッコリ平然と「根性論で~す」と答えてスタジオは爆笑した。

   谷原は「体が慣れるまでは対策が必要です」とまとめた。

(バルバス)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中