電動アシスト自転車が「爆発」炎上のナゼ 「純正品ではないバッテリー」との関係(THE TIME,)

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「こちらの映像をご覧ください」と31日(2023年5月)THE TIME,司会の安住紳一郎アナウンサーが示したのは、東京・新宿4丁目できのう撮られた電動アシスト自転車が爆発炎上する場面だ。

  • 番組サイトより
    番組サイトより
  • 番組サイトより

安住紳一郎アナ「あんなに大きな炎が出るとは...」

   携帯電話のカメラから撮影した縦長の画面には、街角に黒煙と炎。警視庁によると、30代女性が電動アシスト自転車で走っていたら突然バッテリーから煙が立ち込め、爆発し、車体が全焼したという。女性は避難して、けがはなかった。

   安住「いったいなぜバッテリーが爆発?」

   警察の聞き取りに、女性は純正品でなく、通販で買った中国製品で「爆発する可能性があるの注意書きがあった」と話したという。

   NITE(製品評価技術基盤機構)は、純正品でないバッテリーの安全性について「安価で売られることが多いかと思うが、安全装置が純正品なら例えば5個つくところが3つしかないとか、安全性が劣る製品が出回っている」と指摘。対策として、乗車前の点検やアシスト力が落ちたと感じたら状態を確認することを勧める。最初から危険品を買わないのが何よりだろう。

   安住「安ければ安い方が、やっぱり消費者としてはいいなということはありますよね。ただ、発火を恐れる人は純正品を買うのが一番の気はしますね。自転車のバッテリーからあんなに大きな炎が出るとは思いませんでした」

(あっちゃん)

姉妹サイト