TBS「お得意」の取材拒否 週刊現代にも「発動」

印刷

   TBS系のバラエティー番組「サンデージャポン」で放送された街頭インタビューに同一人物が何回も出演していた問題で、TBS側は2007年4月6日になって、報道各社に対して、番組ディレクターがこの男性に出演を依頼していたことを認めた。これを受けて各メディアはこの問題を一斉に報じたが、中にはJ-CASTニュース同様「今後一切取材拒否」の憂き目に遭う週刊誌もあった。

   4月2日、J-CASTニュースが「TBSの街頭インタビュー いつも同一人物出演の怪」という記事で、ネット上で「街頭インタビューに同じ人物が何度も出演している。これは『やらせ』ではないか」という声が広がっていることを報じた。4月6日になって、TBSが同一人物が4回にわたって出演していたことを報道各社に対して認めたが、「『やらせ』や『仕込み』はなかった」「バラエティー番組の”アクセント”」などと釈明した。

「サンジャポ問題」に限らず「今後一切応じない」

各メディアが「サンジャポ疑惑」を報じている
各メディアが「サンジャポ疑惑」を報じている

   これを受けて、同日NHKが報じたのを皮切りに、翌4月7日には大手紙朝刊が続き、4月9日発売の「週刊現代」と、4月10日発売の「週刊朝日」「フラッシュ」も後を追った。

   報道を確認する限り、この「疑惑」を最も早く報じたと思われるのはJ-CASTニュース。4月2日午後、同一人物が複数回インタビューに登場することをTBS広報部に指摘。「同一人物(と思われる人)が街頭インタビューに複数回登場するのは、『演出』あるいは『やらせ』なのですか。それとも、『偶然』なのでしょうか」といった質問項目を記したファクスを送付した。直後に確認の電話をしたところ、返ってきたのはこんな答えだった。

「なんか送られてきましたけど、そちらには対応しないことに決めましたので、一切お答えしません」

   そして、実質「2着」だったと思われるのが「週刊現代」だ。同誌編集部によると、同誌がこの問題について取材したのは4月3日。だが、同誌4月21日号を見てみると、取材結果はこう書かれている。

「TBSに問い合わせると、一切取材拒否されてしまった」

   同誌編集部に聞いてみると、「一切取材拒否」の意味は、「『サンジャポ問題』に限って取材拒否」なのではなく、「週刊現代の取材に、TBSは今後一切応じない」ということなのだという。J-CASTニュースと同じ境遇、という訳だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中