渋谷ジャック「北斗の拳」の結末 ホンダ「クロス・ファクトリー」

印刷

   東京・渋谷の街をジャックしていたホンダ「クロス・ファクトリー」のCOMIC × TOWN ~「北斗の拳」 IN SHIBUYAが2007年6月14日最終日を迎えた。漫画と街が融合し、「体感できる漫画」として若者の注目を集めていた。パルコPART1の特設会場には200人が集結、プロジェクトの工場長・大泉洋さんと広報担当の中川翔子さん、「北斗の拳」の原作者・原哲夫氏から、ストーリーの結末が明かされた。

シブヤの街と「北斗の拳」がクロスした
シブヤの街と「北斗の拳」がクロスした

   「クロス・ファクトリー」は、ホンダが07年2月に発表した「クロスロード」の発売を記念して展開しているプロジェクト。既成概念にとらわれず、「何かと何かをクロスして、新しいスタイルを発見・創造しよう」という企画で、これまでフード、ファッション、音楽の分野で活躍するプロフェッショナルを「エンジニア」として招いて、自分の得意なフィールドに、異なるジャンルを「クロス」して、驚きの「クロス・スタイル」を提案してきた。

   「COMIC × TOWN」のクロス・スタイルは、「クロス・ファクトリー」プロジェクトのひとつ。原氏がこのイベントのために描き下ろした「北斗の拳外伝 ユリアを探せ!」を、渋谷駅前のオーロラビジョンや街中のストリートボードで露出させ、その画の順番をたどりながら物語のゆくえを追うことで、「北斗の拳」のコミックの世界と、大勢の人であふれる渋谷の街のクロス・スタイルを体感してもらうイベント。読むだけの漫画が、体感できる漫画になった点が新しい。
   原氏は、「ふだんは数カ月かかるものを短期間で仕上げたので結構大変だったが、街に出ることは楽しい。また新しいことに挑戦したい」と語った。

   プロジェクトでは今後も新たな展開を予定している。CG作家で映画監督の真島理一郎氏が数字も針も使わない、まったく新しい映像時計を提案、「IMAGE」と「TIME」をクロスする。また、「GAME」×「EARTH」では、エンタテイメント・プロデューサーの水口哲也氏がゲームの機能を備えたエコ・バッグを製作中だ。建築デザイナーの新保達矢氏は「INTERIOR」に何かをクロスし、新しいインテリアの形を提案する。また、今後新たなエンジニアが登場し「TRAVEL」とのクロス・スタイルも創造されるようだ。さまざまな「クロス・スタイル」の登場に期待がかかる。

   詳しくは、http://www.honda.co.jp/CROSSROAD/factory/

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中