ミクシィで売春「募集広告」 安心サイトのアブナイ現実

印刷

   「安心なサイト」のはずだった「mixi(ミクシィ)」で、またとんでもない事件が起きた。掲示板で売春婦を募集、8人の女性が応じて売春を繰り返していた。その元締めはもともと売春のプロで、斡旋が「仕事」だった。ミクシィ内にはこうした「業者」が頻繁に出入りしているという情報もあり、「今はアブナイみたいですね」といったカキコミがネットで増えている。

「マイミク」感覚で気軽に売春

今度はミクシィで売春「募集広告」
今度はミクシィで売春「募集広告」

   大阪府警八尾警察署によると、ミクシィの掲示板で「高給アルバイト。出張で1万円」と募集した。これに応じたのが8人の女性で、07年2月から07年5月までに延べ960人の客を取った。たが、17歳の女子高生が含まれていたため、元締めをしていた中西泰介容疑者(30)ら2人が2007年7月25日までに逮捕された。
   売春の手口は、女性をテレクラに登録し、乗用車に乗せて移動。電話で指示された場所に女性を運ぶ、というもの。客から1万5,000円を受け取り、うち1万円が女性の取り分になっていた。

   八尾署はJ-CASTニュースの取材に、

「知り合ったのがミクシィということで、容疑者の誘いに、女性たちは簡単に応じていたようだ」

と話した。いわゆるミクシィ上の友人「マイミク」感覚で気軽に応じたようなのだが、容疑者たちは売春関係の「プロ」。ミクシィに「募集広告」を出す以前から女性を紹介する仕事をしていた。ミクシィに「募集広告」を出したのは、紹介業務では収入が少ないために、自分たちで運営して儲けよう、という狙い。当然、両者の感覚はズレていて、8人のうちの3人が八尾署に駆け込むことになる。

「男たちの縛りがきつい。離れたいけど、離してくれないから、どうにかならないか」

   07年5月20日過ぎ、八尾署にそんな訴えをした。彼女たちは売春をした理由を「留学したかった」「借金があった」などと語ったそうだ。八尾署が捜査すると、8人の女性の中に17歳の女子高生が含まれていた。八尾署は児童福祉法違反などの疑いで容疑者を逮捕した。

   今回の売春事件でブログを検索してみると、「この事件は氷山の一角です。mixiをヲチしている人ならこのような出来事が日常茶飯事で起きていることはみんな知っています」などといったミクシィ批判が多く見つかる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中