「チョコビ」かじって「噛まれたら負け」のゲーム バンダイ

印刷
(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK バンダイ「チョコビBIGボックス」
(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK バンダイ「チョコビBIGボックス」

バンダイは、東ハトとのコラボレーション企画として展開中のスナック菓子「チョコビ」シリーズより、菓子と玩具がセットになった「チョコビBIGボックス」を2007年11月1日から売り出した。
「チョコビ」とは、テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』で主人公・野原しんのすけの大好物としてストーリー中に度々登場するスナック菓子を再現したチョコレート味のコーンスナック。同商品は、「チョコビ」3箱と、玩具「ちっちゃくたってイタイ“ワニ山さん”」1体が同封されているギフトバージョンだ。玩具は、「チョコビ」のキャラクターである“ワニ山さん”をモチーフにしたゲームで、13本ある“ワニ山さん”の歯の中から1本の歯を選んで交互に押していく。ハズレの歯を押し、「噛まれた方が負け」というゲームだ。電池は不要。価格は1575円。全国の量販店・スーパーの菓子売場で販売している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中