「ひぐらしのなく頃に」が殺人事件を引き起こしたのか?
――東京大学特任講師・吉田正高氏に聞く

印刷

   未成年の少年少女が斧やナイフで家族を殺すというショッキングな事件が相次いでいる。そのたびに問題とされるのが、残虐な場面を含むアニメや漫画の影響だ。ときにはアニメ番組が放送休止になる場合もあるが、「過剰反応ではないか」との声もある。最近、事件との関連で注目された「ひぐらしのなく頃に」について、アニメやゲームなどのサブカルチャーに詳しい東京大学大学院情報学環の吉田正高・特任講師に聞いた。

同人ゲームから始まって、漫画、アニメ、小説へと展開

「ひぐらしのなく頃に」は同人ゲーム(写真中)から出発し、漫画(右上)やアニメ、プレステ2用ゲーム(左上)へとメディアミックス展開している
「ひぐらしのなく頃に」は同人ゲーム(写真中)から出発し、漫画(右上)やアニメ、プレステ2用ゲーム(左上)へとメディアミックス展開している

――2007年9月に京都府京田辺市で16歳の少女が父親を斧で殺害するという事件が起きましたが、その影響でアニメ番組の「ひぐらしのなく頃に」と「School Days(スクールデイズ)」が放送休止に追い込まれました。また08年1月上旬に青森県八戸市で、18歳少年が母親と弟と妹を殺害する事件が起きたときは、「ひぐらし」と思われる漫画本が警察に押収され、事件と漫画の関連性が取り沙汰されました。

   吉田先生は「ひぐらし」について特に詳しいと聞きましたので、今回は「ひぐらし」に的を絞ってお聞きしたいと思います。そもそも、「ひぐらしのなく頃に」とはどんな作品なのでしょうか?

吉田 「ひぐらしのなく頃に」というのは、もともと「07th Expansion」という同人サークルが作ったゲームから始まった作品です。2002年夏のコミックマーケットで、第1話にあたる「鬼隠し編」が発表されたのが最初です。その後、半年に1回のコミックマーケットで1話ずつ発表されていき、2006年夏の第8話「祭囃し編」で完結しました。

   最初の3話目ぐらいまではそんなに話題になっていなかったんですが、4話目が出た2004年ごろからネットで注目を集めるようになり、非常に大きなファンのコミュニティがネット上に作られるようになりました。その後、2006年からは、漫画やアニメ、プレイステーション2へのゲーム移植、小説へと多展開されて、さらにいろんな層に広がっていきました。

――それだけさまざまなメディアで人気を獲得した「ひぐらしのなく頃に」のストーリーとは、どんなものですか?

吉田 単純にいうと、雛見沢村という山奥にある寒村で、夏祭りの夜を中心に連続怪死事件が起きていくという推理劇です。前半は中高生ぐらいの男の子や女の子たちの楽しい学園生活の話だったのが、後半になると一転して恐ろしい事件が起こる陰惨な展開になっていく。古い因習が残る閉鎖社会の中で猟奇的な事件が次々起きるという点では、横溝正史の「八つ墓村」などのテイストに近いですね。全体の構成は、1話~4話がいわゆる「問題編」、5話~8話が「解答編」と分かれていて、「問題編」で提示された謎が「解答編」に行くと分かるような仕組みになっています。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中