ソフトバンクとパイオニア、カーナビサービスを共同開発

印刷

   ソフトバンクパイオニアは2008年3月5日、カーナビを利用したサービスを共同で開発することで合意した、と発表した。
   開発されるのは「テレマティクス」と呼ばれるサービスで、カーナビを搭載した車から通信回線経由で走行情報を集め、そのデータをもとにして、さらに正確な渋滞情報を提供する。サービス開始は08年夏の予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中