「日暮里・舎人ライナー」開業

印刷

   東京都足立区と荒川区を結ぶ東京都営の新交通システム「日暮里・舎人(にっぽり・とねり)ライナー」が、2008年3月30日開業した。運転手無しで専用軌道をゴムタイヤで走る「ゆりかもめ」と同じ方式。荒川区の日暮里駅から足立区の見沼代親水公園駅まで、全長9.7キロの路線を20分で結ぶ。総工費は約1270億円で、累積赤字の解消までは約40年かかる見通し。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中