「フライデーされた」キンコン西野 「美女ハーレム」の真相

印刷

   お笑いコンビ キング・コングの西野亮廣さんが2008年4月5日に更新したブログで、写真週刊誌『フライデー』(4/18号)に掲載された「美女お見送り写真」の件について、その真相に言及している。

   『フライデー』の記事は、雑居ビルから出てくる西野さんが美女数名に取り囲まれ、「ハーレム状態」だったというもの。朝9時頃、新宿・歌舞伎町でキャッチされた。そうとうご機嫌だったのだろう、西野さんは徹夜明けにも関わらず爽やかで、口元がニヤけている。

   ブログによると、お笑いコンビインパルスの堤下敦さんに「近くで呑んでるから来てよ」と呼び出されたことが原因だったという。経緯はこうだ。

堤下は「フライデーのまわし者」?

「(店に)行くとソコにいたのは女の子。『女の子がいる』とは一言も聞いていない。そして何も言わずいつのまにやら姿を消す堤下。どうやら黙って帰った模様。幹事であるハズの男の突然の退場。どうしていいのかわからず、時間もそこそこ我々も店を出る」

   そして、店をでたところを写真に収められ、「西野ハーレム状態」との記事が書かれたというのが真相のようだ。

   ただ、西野さんは、呼び出したもののその場から消えてしまった堤下さんのあまりに不可解な行動について、「フライデーのまわし者」ではないかと疑っている。

   堤下さんに問い詰めたところ、「深くは聞かないでくれ。ただ、今度3万円アゲ~ル」とだけ言われたらしい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中