純利益95%減の1億8600万円に下方修正 吉野家ホールディングス

印刷

   吉野家ホールディングスは、同社が保有している子会社株式の減損損失が発生し、2008年2月期の連結業績予想を下方修正すると08年4月4日に発表した。それによると、売上高は従来計画よりも72億マイナスの1557億円で、純利益は当初予想の35億円から1億8600万円にする。うどんチェーン「はなまるうどん」を展開する子会社の業績が目標に届かないためで、連結で約15億円、子会社個別で約33億円を新たに特別損失に計上する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中