「吸血鬼」スザンヌ 自殺行為「ニンニクラーメン」完食

印刷

   米国のホラーアクション「ブレイド」のテレビシリーズが日本でDVD化されることになり、2008年4月7日、都内で発売記念イベントが開かれた。この作品は「ヴァンパイア(吸血鬼)」をテーマとしたもの。「おバカキャラ」で人気のタレント、スザンヌさん(21)が「吸血鬼」として「宣伝部長」に就任した。CMのロケでは吸血鬼が苦手とするニンニクが入ったラーメンを食べたことを披露するなど、「おバカキャラ」は健在だった。

何故か「晴れ女」ぶりも強調していた
何故か「晴れ女」ぶりも強調していた

   「ブレイド」は、吸血鬼と人間の混血である登場人物「ブレイド」が、人類を守るために吸血鬼と戦う、というストーリー。映画が米国でヒットし、その続編として制作されたテレビドラマが、「ブレイド ブラッド・オブ・カソン」というタイトルで日本でDVD化されることになった。

   スザンヌさんは

「作品中に登場するキャラがかわいくて、本当にヴァンパイアになっちゃいました」

と、吸血鬼をイメージした赤いドレスで登場、作品については

「作品中に出てくる女の子が、すごくかわいくて…。アクションがすごいのが見所だと思います」

とアピールしていた。

「晴れ女」ぶりもなぜか強調

   一方、自身が出演したCMが制作される様子を解説する際には、自らの「晴れ女」ぶりを強調し、ロケ現場では「ニンニクラーメンを食べた」といったエピソードを披露。吸血鬼は日光やニンニクに弱いとされるだけに、スザンヌさん一流の「おバカキャラ」を披露する形となった。また、主催者からドラキュラの出身地を聞かれると、「月」と即答。「ルーマニア」という正解を知らされると、

「割と近いんですねー。親しみやすいですね」

と話していた。

   なお、イベント後の囲み取材で「ニンニクラーメン」の件について聞かれると、「ニンニク味のラーメン」と表現を変更。

「『ニンニクだけどニンニクじゃない』ってとらえていただけば、ってことで…」

などと釈明していた。

   DVDは5月30日に第1話のレンタルと販売が開始され、販売価格は1980円。2話から最終話である第12話のレンタル開始は6月27日で、販売開始は7月25日。2話から12話を収録したDVDボックスの価格は12800円。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中