謎の女性「マギボン」が来日 素顔が見えて芸能界入りに賛否

印刷

   ユーチューブで「日本に来たい!」と訴えていた謎のアメリカ人女性「マギボン」が、念願通り初来日を果たした。そして、動画サイト「ギャオ」の番組、TBSラジオに出演するなど、日本のメディアにデビューしたのだ。本人は芸能界入りを望んでいるようだが、素顔が明らかになると、ネットでその是非を巡って論議になっている。

ギャオの動画で矢口真里さんと対談

ギャオ内に開設されたマギボンさんの特集ページ
ギャオ内に開設されたマギボンさんの特集ページ

   「彼女はナニ物なんだ?」。マギボンさん(21)は、ユーチューブの投稿動画で、アメリカ人なのに日本語で「私は行きたい、ずっとずっと行きたい。ニポン」と訴えた。そのことが謎めいていたため、J-CASTニュースが2008年1月28日付記事で紹介した当時、大きな話題になった。マギボンさんの投稿は、その時点で39本にも上り、中には150万アクセスを記録したほどの人気者ぶりだった。

   その人気に目をつけたのが、IT企業のUSEN。連絡先が分からないため、ユーチューブの投稿動画で「ギャオ」への出演を呼び掛け、気づいたマギボンさんがOKした。その後、スタッフが渡米して、自宅インタビューなどの番組6本を制作。それが好評だったとして、マギボンさんに依頼して4月7~13日の日程で来日してもらった。

「原宿、浅草を初めて訪れ、大喜びしていましたね。原宿が一番好きだそうで、興奮して買い物をしていました。『アメリカに帰りたくない』『日本に住みたい』とも話していました」

   同行したUSEN第3メディア局の編成担当者は、J-CASTニュースの取材にこう答えた。10日には、大ファンだという元モーニング娘。リーダーの矢口真里さん(25)との対談番組に生出演。ヘッドフォンにピンク色のアイマスクという姿で登場し、アイマスクを外され、矢口さんと向き合うと、悲鳴を上げ、「アイ・ラブ・ユー」と涙ぐみながら矢口さんと抱き合った。

   番組では、まだ片言の日本語も披露し、「日本の皆さん、こんにちは、マギです」「(日本語は)日本のドラマと音楽で勉強した」と明かした。音楽では、ロックバンドの「GLAY」が好きだという。ただ、なぜ日本を好きになったのかについては、「分かんない」と話した。矢口さんは、「目が印象的。吸い込まれそう」と感想を口にし、「ユニットを組もうか」と持ちかけていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中