「深く反省」東国原知事 浅香光代に謝罪へ

印刷

   宮崎県知事の東国原英夫さんが2008年5月14日に更新したブログで、報道されていた「浅香光代さんに無礼な態度をとった」件について真相を明かしている。

   友人からの知らせで、「浅香光代さんが、僕に激怒している」と聞いた東国原知事は、当時のことを思い出す。

「記憶を辿るに、そういえば、1週間か10日ほど前、サンコンさんと電話で話した。お互い、酒宴同士の席で周囲が混然とした中だったように記憶している」
「サンコンさんに『今、浅香さんと一緒にいるよ・・・・浅香さん、浅香さん、ほら、浅香さんだよ・・・』と連呼され、サンコンさんのかつぜつの問題もあり、良く聞き取れなかった。で、瞬間的にどちらの浅香さんか思い浮かばなく、『どちらの浅香さん? 誰?』というような返し方をしたような記憶がある」

   「酒や睡魔で記憶が定かでは無い」と困惑し、釈明する東国原知事だが、大先輩の浅香さんに失礼な言動があったことを反省しているようだ。

「人生でも芸的にも大先輩である浅香さんに失礼な言動があったことが事実なら、これは、由々しき事態である。深く反省し、謝罪しなければならない」

   いまのところ、キーパーソンのサンコンさんと連絡を取っているところだという。だが、「携帯に電話をしたのだが、留守電でまだレスが無い状態である」。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中