元NBA選手・田臥勇太 「NBAへのチャレンジは変わっていません」

印刷

   NBAフェニックス・サンズでプレーし、日本人初のNBAプレイヤーとなった田臥勇太選手が今シーズン(’08-’09)、日本のバスケットボールリーグ・JBLでプレーすることになった。2008年8月31日のブログで、その意気込みを語っている。

   所属チームは「栃木ブレックス」。田臥選手といえばこれまで、NBA傘下のデベロップメント・リーグや独立プロリーグでプレーしており、NBA入りを最優先に考えていた。それだけに、今回のJBLへの移籍について田臥選手は、「驚かれる人もいるかもしれない」と前置きした上で、次のように綴っている。

「僕のNBAへのチャレンジは変わっていません」

   NBAを含め、世界各国のより高いレベルのバスケットボールに挑戦し続けたい、というのが田臥選手の考えだ。だから、今回のJBL参加は「そのチャレンジの一環」なのだという。そんな中、最も探していたものがプレータイム(出場時間)だ。「それを求めた結果、日本に戻ってプレーすることを決めました」。

「今シーズンも、目標に向かってベストを尽くしていきますので、これからも応援宜しくお願いします!」

   なお、スポーツ紙の報道によると田臥選手の契約は2年。また、NBAや欧州からオファーがあった場合、移籍できる条項を含んでいるという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中