釈由美子 「由美子」の由来に「愕然」

印刷

   タレントの釈由美子さんが、ブログで自身の名前の由来について、「愕然とした」話を書いている。

   釈さんは、「いつか子どもを授かったらこんな名前をつけたい!」と、ときたま考えている。自分が演じた役や、目にした作品の登場人物の名前に「びびび」とくると、「男の子だったら…女の子だったら…」と、考えてしまう。「まだ見ぬベイビーちゃんに3候補くらい、たまりました」と、夢は広がるばかりだ。2008年9月13日更新の内容だ。

   どうしてこうも熱心に「まだ見ぬベイビーちゃん」の名前選びに熱心なのだろうか。それは自分の名前の由来と関係があった。

   自分の本名でもある名前、「由美子」について、以前、何故「こんな、ありきたりな名前」を付けたのか、父親に尋ねたことがあるそうだ。

   で、返ってきた答えが、

「昔の女だ」

これにはさすがの釈さんも愕然としたという。

   それで

「自分のこどもには優しくて
お日様のような、あったか〜い名前を
つけてあげるんだ」

と思うようになったようだ。なかなか「あったかーい」お話だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中