スマートフォン競争さらに激化 「グーグルケータイ」ドコモが発売

印刷

   国内で「スマートフォン」のリリースが相次ぐなか、グーグルが無償提供する基本ソフト(OS)を搭載した「グーグルケータイ」が国内でも発売されることになった。従来のスマートフォンに比べて割安感があるものの、従来のケータイと使用方法が大きく異なることから、専門家からは「グーグルのヘビーユーザー向け」との声もあがっている。

米国での価格は179ドル(約1万7500円)

NTTドコモは「ブラックベリー ボールド」などのスマートフォンを相次いで投入予定だ
NTTドコモは「ブラックベリー ボールド」などのスマートフォンを相次いで投入予定だ

   スマートフォンはキーボードやタッチパネルを備えており、従来のケータイよりもウェブサイトの閲覧に適しているとされる。市場も拡大傾向で、国内ではソフトバンクモバイルのiPhone(アイフォーン)が人気を呼んだほか、台湾・HTC製の端末が主流だった市場に、フィンランド・ノキアも参入することになっている。調査会社「ロアグループ」の予測では、2010年までに携帯電話市場の13%程度を占めるとみられている。

   そんな中、NTTドコモが、グーグルが無償提供している基本ソフト「アンドロイド」を採用したスマートフォンを発売することになった。いわば「グーグルケータイ」と言える存在だ。NTTドコモ広報部によると、09年度前半にも発売されるという。

   日本経済新聞が08年11月19日に1面トップで報じたところによると、「アンドロイド」を利用することで開発経費を圧縮することが可能になり、従来よりも2割程度安い4~5万円で販売される見通しだという。さらに、「グーグルケータイ」なだけあって、グーグルが提供する動画共有サービスなども容易に使えるようになる予定だ。もっとも、同社では、価格については

「仕様も固まっていないし、需要予測もできていない状態では、価格は出しようがない」

と話しており、慎重な姿勢だ。

   グーグルケータイをめぐっては、すでに08年10月下旬に米国で発売されており、価格は179ドル(約1万7500円)。端末の割安感や操作性の良さがうけている模様だ。米国で発売されたのはHTC製だが、日本向け端末を製造するメーカーについては、「現段階ではお話しできることはない」(NTTドコモ広報部)としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中