マツダ、幹部の給与を4%以上減額

印刷

   マツダは2009年1月19日、課長級以上の社員給与を同月から最大で10%減らすと発表した。08年秋の金融危機以降で幹部社員の給与減額に踏み切ったのは、国内主要メーカーでは初めて。課長級が4%、本部長級が10%の減額になる。

   一般職についても今後、月2回の割合で休暇を取ってもらい、その分の基本給を2割ほど減らすとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中