セイノーHD、西武運輸を子会社化

印刷

   景気の低迷によって、運輸業界も再編に動いた。西濃運輸を傘下に持つセイノーホールディングスは、西武ホールディングスが保有する西武運輸の株式を取得し子会社化する。

   セイノーHDと西武HDはともに、2009年1月19日に開いた取締役会で基本合意書の締結を決議した。最終的な買収金額は今後詰めていくが、300億円弱とみられている。

   貨物自動車運送は、景気後退を背景に国内貨物量が減少。そうした中で、多数の運送業者が激しいシェア争いを演じている。セイノーHDは、関東や九州地区での拠点拡充などネットワークの充実と航空貨物事業を補完する。一方、西武HDは西部運輸の株式を西武建設を通じて間接的に保有する。西武運輸は08年3月期に2億円の赤字を計上。経営状態が芳しくなく、セイノーHDの下で建て直しを図る。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中