「卵かけ」の次は「ねこまんま」 男性に売れる「楽ちん料理本」

印刷

   卵かけごはんが空前のブームとなっているが、今度は「ねこまんま」が注目されている。「白いごはんに鰹節と醤油」が基本だが、バター、カップ麺、揚げ玉、ケチャップといった冷蔵庫にある材料も使って、いかにごはんをおいしくたべるか、というアイデアが満載だ。「ねこまんま」に特化した料理本も登場し、発売から1か月で2万冊以上が売れ、重版が決まった。

ごはん代を除いて1食約30円でOK

136種類ものねこまんまが楽しめる「おとなのねこまんま」
136種類ものねこまんまが楽しめる「おとなのねこまんま」

   136種類もの「ねこまんま」を集めた料理本、「おとなのねこまんま」が話題だ。2009年1月22日の発売から1か月で2万冊以上が売れた。

   購入者は10~30歳代が中心で、学生、主婦、会社員、と幅広い。材料の分量は適当で、火を使わずにできるという手軽さが男性にもうけ、購入者の3~4割を占める。通常の料理本の場合、男性購入者は1割程度だという。

   かつおぶし系、みそ汁系、バター系、たまご系、調味料・薬味系など、のせる食材ごとに14分野にわたり紹介している。カップ麺を使ったジャンク系や、そばやうどんに入れる揚げ玉を使ったものなどの変わり種もあれば、ローカロリーの素材を使ったヘルシー系もある。

   「お子様ランチ風バターまんま」は、あたたかいごはんにケチャップをかけ、コーンとバターをのせ、仕上げにパセリのみじん切りをふる。「じゃこ山椒のかつぶし茶漬けまんま」は、ごはんにかつお節をたっぷりかけて、じゃこ山椒をのせて、あったかい緑茶を注ぐだけ。特に珍しい食材を使っているわけではないが、「どんな味がするんだろう?」と興味をそそる。

   「ごはん好き」のメンバー5人が立ち上げた「ねこまんま地位向上委員会」がレシピを考案し、料理専門家がアレンジした。

   企画をしたアース・スター・エンターテイメント(東京都渋谷区)の担当者は、

「材料は冷蔵庫に普通にあるもので、ごはん代を除いて1食約30円でできます。この不況下で究極の節約レシピとしても支持を集めています。楽しみながら節約料理が作れるという点がポイントです」

と、PRする。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中