ウィルコム、次世代PHS「XGP」を10月開始へ 

印刷

   ウィルコムは2009年4月22日、次世代PHS「XGP」の個人向けを含む商用サービスを09年10月に始めると発表した。データ通信の速度が現在のPHSよりも約25倍速いといわれ、電車や車での移動中にも大量のデータをやりとりできるのが特徴。

   まず09年4月27日からジェーシービー(JCB)と共同で広告配信の実証実験を行うなど、アプリケーション開発に向けて複数企業と共同実験を行う。次に6月以降、法人向けに500台の試験端末の無料貸し出しを始め、東京のJR山手線内一部エリアなどでサービスを提供する。そして10月には個人向けを含む商用サービスを開始、09年度末までには東京、大阪、名古屋など首都圏に利用可能エリアを拡大していく計画だという。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中