「早慶戦」53年ぶり甲子園開催 ハンカチ王子、凱旋登板か

印刷

   早慶野球部の現役部員にOBを加えた「オール早慶戦」が2009年11月23日、甲子園球場で開かれることがわかった。09年春のセンバツ高校野球では、早稲田実業学校(東京)と慶應義塾高校(神奈川)が初の同時出場を果たし「高校早慶戦」が期待されたものの、慶應高校は初戦で敗退。対戦は実現しなかった。甲子園で早慶戦が実現するのは、1956年以来53年ぶりの上、「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹投手(3年)の「凱旋登板」も期待されている。関西在住の両校関係者の注目が集まりそうだ。

   今回の構想は、03年に東京・神宮球場で行われた「早慶戦100周年記念試合」を機に持ち上がったもの。関西での両校の対決は、1991年(西宮球場)以来18年ぶりで、甲子園での対決は、1956年以来、実に53年ぶり。

現役野球部員に加えてOB3人以上がチームに加わる

「ハンカチ王子」凱旋登板はあるのか
「ハンカチ王子」凱旋登板はあるのか

   「オール早慶戦」は、現役野球部員に加えてOB3人以上がチームに加わる、というのがルール。早大野球部のエースである斎藤投手が登板した場合、06年の夏の甲子園で母校・早実が初優勝して以来の甲子園での登板となる。

   試合開始は13時で、毎日放送(MBS)による関西ローカルでのテレビ中継も予定されている。

   チケットは、特別内野指定席と一般内野指定席が両校関係者向けに4月から販売されており、一般向けには、7月にもアルプス席が1万枚発売される。「チケットぴあ」経由で発売され、価格は大人が1500円で、中学生以下が1000円を予定している。外野席の扱いは未定。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中