「早慶戦」53年ぶり甲子園開催 ハンカチ王子、凱旋登板か

印刷

   早慶野球部の現役部員にOBを加えた「オール早慶戦」が2009年11月23日、甲子園球場で開かれることがわかった。09年春のセンバツ高校野球では、早稲田実業学校(東京)と慶應義塾高校(神奈川)が初の同時出場を果たし「高校早慶戦」が期待されたものの、慶應高校は初戦で敗退。対戦は実現しなかった。甲子園で早慶戦が実現するのは、1956年以来53年ぶりの上、「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹投手(3年)の「凱旋登板」も期待されている。関西在住の両校関係者の注目が集まりそうだ。

   今回の構想は、03年に東京・神宮球場で行われた「早慶戦100周年記念試合」を機に持ち上がったもの。関西での両校の対決は、1991年(西宮球場)以来18年ぶりで、甲子園での対決は、1956年以来、実に53年ぶり。

現役野球部員に加えてOB3人以上がチームに加わる

「ハンカチ王子」凱旋登板はあるのか
「ハンカチ王子」凱旋登板はあるのか

   「オール早慶戦」は、現役野球部員に加えてOB3人以上がチームに加わる、というのがルール。早大野球部のエースである斎藤投手が登板した場合、06年の夏の甲子園で母校・早実が初優勝して以来の甲子園での登板となる。

   試合開始は13時で、毎日放送(MBS)による関西ローカルでのテレビ中継も予定されている。

   チケットは、特別内野指定席と一般内野指定席が両校関係者向けに4月から販売されており、一般向けには、7月にもアルプス席が1万枚発売される。「チケットぴあ」経由で発売され、価格は大人が1500円で、中学生以下が1000円を予定している。外野席の扱いは未定。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中