草なぎ剛の後釜「公然まる写し」 地デジカ説明文を削除・訂正

印刷

   地上デジタル放送推進の新キャラクター「地デジカ」の説明文の一部は、ネットの百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」を「無断でまる写し」したものだった。2009年5月8日、説明文をつくった日本民間放送連盟(民放連)は該当箇所を削除し、訂正した。

「削除が詫びになるかよ」の声も

   地デジカは、草なぎ剛さんの後釜として登場、4月27日付けの民放連サイトで紹介資料が公開された。J-CASTニュースの5月7日配信の記事「草なぎ剛の後釜『地デジカ』の説明文 『ウィキペディア』丸写ししていた?」では、民放連の資料にある「地デジカとは」の説明が、「ウィキペディア」の「シカ」の項目に書かれていることと全く同じだとしてネットで騒ぎになっていることを紹介した。J-CASTニュースの取材に対し、民放連は「確認している最中。問題があったとすれば速やかに対処したい」としていた。

   5月8日の民放連サイトでは、該当資料の「一部訂正について」との項目がアップされた。地デジカとは何かを説明した文章の一部について、「ウィキペディアを参照して作成したもの」「その引用・加筆にあたり必要な手続きをとっていないことが判明した」と問題があったことを認めた。そして、該当箇所を削除、訂正したとしている。

   訂正前の「地デジカとは」の項目は、「シカ科に属する動物である。同類のシカ科には…」と長めの記載だったが、訂正後は「シカの仲間」とかなり短くなっていた。

   訂正を報告した民放連のサイトには、削除と訂正を報告しているだけで、特段謝罪めいた表現は見当たらない。ネット掲示板2ちゃんねるでは、この問題を伝える5月9日配信の読売新聞記事に関して、民放連が「該当部分を削除することでおわびに代えさせてもらいたい」とコメントしていることについて、「全く詫びてない」「削除が詫びになるかよ」と批判的な声が寄せられていた。一方で「大きな思いやりマインドで許してあげよう」とする意見もあった。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中