性暴力ゲームの販売自粛 メーカー、国際人権団体の抗議で

印刷

   少女を含む女性3人をレイプするという日本製ゲームソフトが、国際人権団体「イクオリティ・ナウ」(本部・ニューヨーク)から抗議を受け、製造元の横浜市内のゲームソフトメーカーは商品の出荷と告知を自粛すると2009年5月11日までに発表した。問題のゲームは06年から国内外で販売していた。09年2月にイギリスの国会で問題になり、アマゾンが扱いを中止した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中