「20代平均年収は110万円」 アニメ産業の労働実態

印刷

   日本アニメーター・演出協会のシンポジウムが、2009年5月22日に東京大学で開かれ、アニメ産業の過酷な労働環境が明らかにされた。20歳代の若手スタッフの平均年収は110万円、30歳代でも214万円。制作会社と雇用契約を結んでいないという人はおよそ半分で、健康診断を受けたことがないという人は4割にのぼった。これでは優秀な人材が育たないと問題視する声が上がっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中