東海道新幹線、5月の乗客数は14%減

印刷

   JR東海は2009年5月28日、東海道新幹線の5月1日~27日の乗客数が前年同期比14%減少した、と発表した。景気後退でビジネス需要が減少していることに加え、新型インフルエンザの国内感染で修学旅行のキャンセルが相次いだことなどが響いた。過去最高の下げ幅は、阪神大震災直後の95年2月(13%減)で、今回はこれを上回る見通しだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中