日本郵政・西川社長の続投決まる 報酬3か月30%返上

印刷

   日本郵政の西川善文社長の続投が決まった。佐藤勉総務相は2009年6月22日、総務省内で西川社長と会談し、再任する方針を伝えた。日本郵政の社長再任問題は事実上、決着した。

   鳩山邦夫前総務相から「入札手続きが不透明」と批判された「かんぽの宿」の売却問題について、西川社長が経営責任を認め、報酬を30%、3か月間返上する意向を伝え、佐藤総務相が了承した。

   西川社長ほかの社内処分は、高木祥吉副社長が10%、3か月、横山邦男専務執行役と佐々木英治専務執行役、伊藤和博執行役がそれぞれ10%、2か月、報酬を自主返上する。

   また、日本郵政は6月24日に「かんぽの宿」問題に際して総務省から出されていた業務改善命令に対する最終回答を同省に行う。そのうえで、同29日の株主総会に西川社長を含めた取締役9人の再任を提案、100%株主の政府によって可決された後、総務相の認可を受ける。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中