東国原知事「総裁にするなら受ける」 自民の衆院選出馬要請に

印刷

   自民党の衆院選出馬要請に、東国原英夫・宮崎県知事が「自らを自民党総裁にする」ことを「条件」にあげた。自民党の古賀誠選挙対策委員長が2009年6月23日、宮崎県庁を訪ねて東国原知事と会談。次期衆院選で自民党公認候補として出馬を求められ、そう応じた。古賀氏は即答しなかった。

   自民党としては、知名度の高い東国原知事を担ぐことで無党派層を取り込む狙いがある。また、自民党は08年に政界を引退した中山成彬前国土交通相の後任候補として、宮崎1区から出馬を要請。東国原知事が断わった経緯がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中