日教組委員長、ネット批判 「ファシズムの危険」

印刷

   日教組の中村譲委員長は、東京都内で2009年7月6日開かれた定期大会で、ネット上の日教組批判をファシズムの危険にたとえて懸念を示した。

   中村委員長は、中山成彬前国交相が08年9月に日教組を「日本の教育の『がん』」と批判したことへのネット上の反応について言及。「ネットを通じた喝采はファシズムの危険を感じる」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中