9月の百貨店売上高、7.8%減の4762億円 マイナス幅は減少

印刷

   日本百貨店協会が2009年10月19日に発表した9月の全国百貨店売上高(既存店ベース)は、前年同月比7.8%減の4762億円となった。19カ月連続の前年同月比マイナスだったが、地方都市の一部で下げ止まりの傾向が見られたほか、値頃商材の拡大や催事の強化もあって、売上減少幅は前月比で1.0ポイント改善した。ただ、高額品は依然として厳しかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中