太陽光発電、買い取り額2倍に

印刷

   家庭などの太陽光発電の余剰分を電力会社が従来の2倍の価格で買い取る制度が2009年11月1日にスタートした。買い取り価格は一般住宅で1キロワット時当たり48円。電力会社がこれまで買い取っていた価格の2倍にあたる。今後10年間にわたって電力会社は買い取りを続ける。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中