認識にズレ?政府は「デフレ」宣言 日銀「景気持ち直し」

印刷

   政府が2009年11月20日に発表した11月の月例経済報告によると、物価の現状について「緩やかなデフレ状況にある」とし、物価が継続的に落ち込む「デフレ」を宣言した。

   月例経済報告に「デフレ」の表現が盛り込まれたのは2006年8月以来のこと。景気に対する基調判断は、「持ち直してきているが、自律性に乏しい」と据え置いた。

   一方、日銀は20日に開いた金融政策決定会合で、景気判断を従来の「持ち直しつつある」から「持ち直している」と上方修正した。足元の景気について、「国内民間需要の自律的回復力はなお弱いものの、内外における各種の対策の効果などから持ち直している」とみている。

   消費者物価については「中長期的に、物価上昇率が安定的に推移していくという想定のもと、石油製品価格などの影響が薄れていくため、下落率の幅が前年に比べて縮小していく」との見通しを示した。

   物価をめぐって、政府と日銀の認識に微妙なズレが生じている。

   なお、日銀は政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標を、全会一致で年0.1%前後に据え置くことを決めた。物価の安定と持続的成長を粘り強く支援するため、緩和的な金融政策を維持していく。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中