「AKB48」所属事務所 文春記事は事実無根、法的手段も

印刷

   女性アイドルグループ「AKB48」が所属する事務所AKSは、「週刊文春2月18日号」に記載された記事が事実無根であると2010年2月10日、オフィシャルブログで表明した。その上で、出版社および媒体に対して、「断固抗議」の姿勢を取るとした。顧問弁護士と法的手段を取る準備もしているという。

   なお、記事では、AKB48のメンバーの一部に、事務所社長の「お気に入り」が存在すること指摘した内容で、見出しには「社長の『喜び組』」とも書かれている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中