「2ちゃんねる」ようやく復旧 日韓「サイバー戦争」勃発の末

印刷

   2ちゃんねるに対する攻撃は2010年3月2日昼には攻撃もほぼ終息、同日夕ようやく一部が復旧した。ただ、韓国メディアによると、韓国から2ちゃんねるへのサイバー攻撃があり、これに日本のネットユーザーも応戦。その結果、韓国大統領府などのサイトに被害があったといい、日韓サイバー戦争とまで言える事態になったと報じている。

   2010年3月1日の昼頃、突如、2ちゃんねるの全てのサーバーにアクセスできなくなった。韓国からのサイバー攻撃があったと見られている。

「vip掲示板」「ニュース速報掲示板」が集中攻撃対象

   韓国の大手紙、中央日報と朝鮮日報が3月2日付の記事で、この様子を「キム・ヨナを誹謗した日本サイトが『ダウン』」「韓日のネットユーザーが『サイバー戦争』」と報じている。

   それによると、バンクバー五輪女子フィギュアスケート金メダリスト、キム・ヨナ選手に対し日本のネットユーザーが「審判をお金で買収した」などと書き込んでいたことに韓国のネットユーザーが激怒。

   韓国ポータルサイトに2ちゃんねるに攻撃を仕掛けるコミュニティーが開設され、韓国の独立運動記念日、3月1日に実行することが計画された。コミュニティー参加者は11万人を超えたという。

   韓国のネットユーザーは予告通り1日に攻撃を開始。2ちゃんねるにアクセスし、キーボードのF5キーを連打してリロードを繰り返す「F5アタック」を一斉に行い、33種の掲示板の内30種をアクセス不能にした。「vip掲示板」「ニュース速報掲示板」が集中攻撃対象だったという。

米国機関への調査依頼を準備

   これに日本側も応戦。竹島の領有権などを主張している韓国のNGO団体「VANK」のサイトを約1時間アクセス不能にし、韓国大統領府のサイトも1日19時ごろ一時的にアクセスが遅くなったという。

   「したらば掲示板」の「VIP落とした韓国にたっぷりお礼をするスレ」からも韓国サイトへの一斉攻撃が断続的に行われていたようで、「このままやられっ放しでいいのか!」と一部ユーザーが息巻いていた。

   2ちゃんねるにサーバーを提供している「BIG-server.com」の障害報告ページによると、2日昼には攻撃もほぼ終息。夕方、運用情報板などの一部が復旧した。サーバーが置かれているデーターセンターを運営する米Pacific Internet Exchange社は同日未明、「現在米国公的機関に米国企業に対するサイバーテロとして調査依頼の準備を行っております」という声明を発表している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中