菅財務相「ギリシャになるな」 ブログで日本の財政再建強調

印刷

   「増税による成長」を打ち出している菅直人財務相・副総理は2010年5月6日、自身のブログで「民主主義の力」と題して、財政危機のギリシャを引き合いに出しながら、改めて財政再建路線を強調した。

   菅氏は、財政危機のギリシャに対するIMFやユーロ圏諸国の支援策について

「ギリシャ国民からすればなぜ国際機関などの外国人が言うことに従って給与や年金を大きく引き下げなくてはならないのかという反発がある」

と国民感情に理解を示した。

「日本の民主主義の力が問われている」

   その上で、

「日本がギリシャのようにならないためには日本の政府と国会が他国に頼らず、自力で財政再建を進めなくてはならない。日本の民主主義の力が問われている」

と、財政再建の重要性を強調した。

   菅氏は10年2月の主要7か国財務相・中央銀行総裁会議(G7)では、日本の国債残高について「オリンピックなら金メダルが間違いなくもらえる水準」とまで述べ、予算成立後に財政再建に取り組むことを約束している。ブログでも、その思いを改めて強くしている様子だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中