「赤い恋人」や「面白い恋人」 北海道の「白い恋人」に負けない

印刷

   手にいっぱいのおみやげをぶら提げて、夏休みを故郷ですごした人の帰省ラッシュがはじまった。そんな中で、「赤い恋人」や「面白い恋人」といったユニークなネーミングのおみやげがネットの話題をさらっている。

   北海道の石屋製菓がつくる「白い恋人」は人気のお菓子で、おみやげ品としても有名だが、「赤い恋人」や「面白い恋人」も負けていない。

「恋人シリーズ」で第3弾も商標登録

「赤い恋人」はピリッと辛い、めんたいこ味のコンニャク
「赤い恋人」はピリッと辛い、めんたいこ味のコンニャク

   福岡県八女市の秋山食品がつくる「赤い恋人」は、6年ほど前に発売を開始。その後、ジワジワと売れはじめ、「ここ数年は毎年2~3割伸びています」(秋山龍一郎社長)という。

   「赤」はこれもご当地の名産である、めんたいこの「赤」。北海道の「白い恋人」のようなお菓子ではない。同社はコンニャクをつくる会社なのだ。

   「赤い恋人」は、秋山社長が名付けた。博多の辛子明太子と生芋コンニャクを丹念に練り上げてつくる「博多めんたいこんやく」で、食べるとピリッと辛い。薄切りにしてそのまま食べたり、サラダにしたり、フライパンで焼いてマヨネーズをかけて食べる。

   最近のカレー・ブームを見越して、2010年1月に発売した「私の恋人」というカレー味のコンニャクもあり、すでに第3弾の商品名も「あなたの恋人」に決まっている。秋山社長は、「どんな味にするかは決まっていませんが、ネーミングだけは(商標)登録を済ませています。恋人シリーズとして売っていきます」と説明する。

   同社はコンニャクを「おみやげ品」として販売することで、商品価値を高めた。秋山社長は「いいモノなので安くは売らない」と話し、空港などのおみやげ店と百貨店で販売する。同社のホームページからも買える。

大阪の「面白い恋人」も人気

   Twitter(ツイッター)で話題なのは、大阪の「面白い恋人」。みたらし風味のゴーフルで、なんばグランド花月の売店のほか、新大阪駅や大阪空港のおみやげ売り場などで売っているが、ネット販売はしていない。ご当地限定の「希少性」も手伝って、人気もうなぎ登りのようだ。

   パッケージには、大阪のシンボル・大阪城をあしらった。2010年7月19日の発売開始から、まだ1か月経っていないが、発売元によると「つくったら売れる状況で、販路を広げられないといったところです」と話す。

   ネーミングについては、「単純に面白いものを考えていました。『○○な恋人』や『白い○○』のように、あるネーミングをもじったものは全国各地にありますが、そういったネーミングがたまたま大阪になかったこともあります」という。

   16枚入りで1050円と、オフィスなどへのおみやげとしては手ごろな値段だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中