鳩山前首相、左手で「フレミングの法則」 3本指は「トロイカ体制」?

印刷

   鳩山由紀夫前首相が2010年8月30日に見せたという、左手を使っての「フレミングの法則」の所作がネット上で話題になっている。

   菅直人首相と小沢一郎前幹事長の仲介に奔走する鳩山氏。産経新聞によると、この日午後、小沢氏、輿石東参議院会長と約1時間の会談後、報道陣に対して左手を突き出し、3本指で「法則」の形を作ったという。

   中学・高校で習う「フレミングの法則」は、左手中指が電流の向き、人差し指が磁界の方向、親指で導体にかかる力の方向を指し示すというもの。鳩山氏は、自らと菅首相、小沢氏三者の「トロイカ体制」をこれらの相関関係に喩えたと見られているが、真意は不明。2ちゃんねるには「フレミングというかブレミングの法則だな」といった書き込みが多数寄せられている。

   鳩山氏の手ぶりといえば、6月の首相辞任直前に小沢氏と会談した後、報道陣に無言で親指を立てて見せ、そのサインの意味をめぐって話題になった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中