小栗旬初監督映画がコケる 借金返すため映画出演増やす?

印刷

   俳優の小栗旬さん(27)が初監督した映画「シュアリー・サムデイ」の興収が伸び悩んでいる、と報じられている。赤字になり借金ができた、ともいうのだ。10代のころからの夢を実現したが、今後はどうするのか。

   イケメン俳優として人気が急上昇した小栗旬さんが、20代の若さで映画監督にチャレンジする――。こんな触れ込みで、一時はちょっとした話題になった。

出来そのものは、悪評ばかりでない

話題にはなった
話題にはなった

   その初監督作「シュアリー・サムデイ」は、夏休みに入った2010年7月17日に全国186館で公開された。高校で爆弾事件を起こして退学になった5人の若者が、3年後に偶然再会し、人生の再起を誓って力を合わせるという青春ムービーだ。小栗さん自身が俳優仲間を中心にキャスティングし、自ら宣伝のためにテレビ番組をはしごしたほどの力の入れようだった。

   ところが、夕刊紙や週刊誌の報道によると、話題のわりには客の入りがなく、1か月ほどで公開が終わった。興行収入は、予想の5億円を下回り、3億円ほどに留まった、と推定されている。

   制作費が約5億円だったため、映画は赤字になったと見られ、小栗さんは借金を抱えたというのだ。

   配給元の松竹では、興収などの数字は公表していない。これについて、関係者は、「よほど大ヒットしないと、数字は通常公表していません。小栗さんの映画については、大喜びではなかったと聞いています」と明かす。

   もっとも、映画の出来そのものは、必ずしも悪評ばかりではない。映画ライターの渡まち子さんは、その公式サイトで7月19日、初監督作について「彼の人脈をいかしたキャストのイキの良さが伝わる」「荒削りながら、そこそこ楽しめる」と評価。散漫な部分やリアリティに欠ける部分などがあるとしながらも、100点満点中の50点、エンタメ度の星5つのうち3つを付けた。

   韓国の映画祭では、小栗さんはVIP待遇を受け大喝采となったとも報じられ、情報誌「ぴあ」は7月20日、編集部による出口調査で、同17日公開の8作のうち、満足度ランキングでトップだったと報告した。

北野武監督だって損することがある

   それでも、夕刊紙などでは、小栗旬さんが、興行面では失敗して借金を抱えていると指摘している。今後は、借金返済のため、小栗さんは、俳優業でさらに稼ぐつもりだともいうのだ。

   週刊朝日の2010年9月10日号では、小栗さん主演映画「クローズZERO」で、予定になかった3作目も11年以降に公開することを水面下で決めたとしている。前2作とも30億円ほども興収のあったのに目を付けたからだという。一部のネットニュースでは、小栗さんが人気アニメ「ルパン三世」の実写版映画にも主演する話があると伝えている。

   小栗さんは、それでも監督の次回作に意欲があると報じられている。今後は、どのように巻き返していくのか。

   所属事務所トライストーン・エンタテイメントに取材すると、担当マネージャーが外出中とのことで話が聞けなかった。

   芸能評論家の肥留間正明さんは、小栗さんの監督業について、「当面は、俳優業と並行しながらやっていけばいい」と指摘する。

「小栗旬という名前だけでは、客は呼べませんね。映画はハイリスク・ハイリターンで、北野武監督だって損をすることもあります。タダで見せるテレビとは、差がありますよ。お金を稼ぐのは、大変なことです。テレビでちやほやされた彼は、客を呼んだ経験がないので、もっと研究すべきです。しかし、大河ドラマでは、いい俳優ぶりを示しており、才能はあると思います。まだアイドル人気ですので、映画で俳優として活躍するにしても、風格ある渡辺謙さんのように何か惹きつけるものが必要ですね。彼は、もっと実力をつけるべきですよ」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中